子供ドレス

子供ドレスお支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

子供ドレス

このページは「子供ドレスのサイズ表示について 」の情報コンテンツです。
子供ドレス > 子供ドレスのサイズ表示について

豆知識

子供ドレスのサイズ表示

インターネットで購入する際に心配なのがサイズです。サイズ選びに失敗しないようにサイズの測り方・見方をご紹介します。

一般的なサイズ表示について

ドレスのサイズ表示として一般的に使われるものは、身長、着丈、身丈、スカート丈、胸囲、ウエスト、肩幅、袖ぐりです。身長、胸囲、ウエストは分かりやすいので問題ないと思いますが、ウエストについては、子供ドレスの場合、ハイウエストが多いので、胸囲とウエストが、同じサイズのものも多いです。

着丈

着丈は総丈と表示される場合もあります。ドレスの首元の一番上からスカートの裾までの長さです。お子さんの寸法を測るときは、首のうしろの出っ張った骨の部分からスカートの裾までの長さを測定してください。

身丈

身頃丈と表示してるケースがあります。ドレスの首元の一番上からウエストの切り替え部分までの長さです。ウエストのスカートが横に広がりはじめる部分が切り替え部分です。表示されている数字をお子さんの首うしろの骨の部分から測って、ドレスのウエスト位置を確認しましょう。

スカート丈

スカート丈はウエストの切り替え部分からスカートの裾までの長さです。通常、着丈-身丈=スカート丈、となります。

肩幅

肩幅は肩紐タイプやノースリーブ、袖ありのタイプなどドレスのデザインによって採寸の仕方が変わりますので、よく確認しましょう。

袖ぐり

腕ぐりという表示の場合もあります。腕周りのサイズです。肩の一番高いところから、脇の下を通って一周した長さです。

寸法の測り方

寸法を測るときはメジャーを用意しましょう。厚手の服を着て測ると寸法が大きくずれてしまいますので、できるだえ薄手の服装で測るようにしましょう。スカートの裾がどのあたりがいいのけ、イメージしながら測るといいでしょう。

子供ドレス 激安通販