子供ドレス

子供ドレスお支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

子供ドレス

このページは「七五三での服装 」の情報コンテンツです。
子供ドレス > 七五三での服装

豆知識

七五三での服装

七五三はお子さんが主役の行事です。一生の思い出ですので、おしゃれな格好をさせてあげて、お祝いしましょう。

七五三について

七五三は子供の健やかな成長を祝う儀式です。11月15日に行うのが本来ですが、最近は11月15日前後の土日に神社に参られる家族が多いですね。3歳は髪置(かみおき)といって、今まで剃っていた髪をこの日から伸ばしはじめる儀式で、男の子も女の子もお祝いします。5歳は袴着(はかまぎ)といい、はじめて袴を着ける儀式で男の子を祝います。7歳は女の子のお祝いで、帯解(おびとき)という着物の付け紐を取って、帯に替える儀式です。昔から数え年で行うのが習わしでしたが、最近は満年齢で行うことが多いです。

七五三でのお子さんの服装

以前は、着物が多かったですが、徐々に洋装の方が多くなってきました。男の子ならスーツやタキシード、女の子ならドレスやワンピースなどです。お子さんが主役の行事ですから、華やかな衣装を着せてあげたいですね。写真撮影とお参りが別の日でしたら、お参りの日には動きやすいワンピース、写真撮影の日にはドレスで思いっきりおしゃれするのもいいのではないでしょうか。七五三の記念写真は大人になったときに、とてもいい思い出になります。

お父さん、お母さんの服装は

お子さんがフォーマルな格好なのに、ご両親が普段着ではサマになりません。また、あまり華美な格好も控えなければいけません。主役はお子さんです。お父さんはダークスーツ、お母さんはワンピースやスーツといったいわゆる略礼装の格好がおすすめです。

千歳飴には気をつけよう

千歳飴は子供の健康と長寿を願う飴菓子です。細長くて紅白2つ入っていますね。袋には鶴や亀、松竹梅といった縁起のよい絵柄が描かれています。おいしくて縁起のよい千歳飴ですが、細長くて少し食べにくいので、お子さんがせっかくの服につけてしまうことがあります。お祝いの席で悲しい思いをしないように少し気をつけてあげましょう。

子供ドレス 激安通販